記事一覧

負けました。 の感想

プロ棋士の世界をテーマにした短めの作品。完結済み。
将棋がさっぱり分からなくてもAAという擬似的な
絵による状況説明と例え方が面白く読めるので
全く知らなくても何とかなる。

キャラにそれぞれ得意な戦法があるため
ちょっとした能力バトルに見えないこともなかった。
将棋もスポーツだ、などという意見には首をひねるしか
無かったのだが成る程確かに頭を使うスポーツだと
言えないこともないなと感じた。相手の得意分野を
見定める、相手の意表を突く、ペースを握ろうとする、
といった駆け引きは静かだが熱さがある。

7話程度なので登場人物も両手の数もいないため
非常に読みやすく、綺麗な終わり方であるものの
このクオリティならもっと読みたかったというのが本音。
しかしこれを維持するのも難しそうだなとも思う。
この短さだから戦法の解説も優しい物なのだろうし。

ともあれ比喩による表現と解説が良く出来た作品でした。

まとめへのリンクはこちら。

















一口色仕掛け 将棋プロ昇段リーグ



関連記事



関連するタグ やる夫系(完結)将棋やらない子できない子

まとめと感想サイトRSS

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村