記事一覧

召喚戦記トライマキナ の感想

ファンタジー系ロボと剣と魔法とアマッカスあんこ物。連載中。魂魄妖夢、アクア、めぐみん、八雲紫などが登場。百人単位の人間が召喚されるため多数の人物が出てくる。一応本筋というかメインストーリーみたいな物が甘粕を中心にして描かれていて、ダイスも奮った事からエンディングまで一気に行くかと思いきや、他の召喚者の視点の話に移り、読み進めた時点では以後甘粕にスポットライトが当たることはなく他の視点が際限なく増え...

続きを読む

【安価】文明戦争 の感想

海上自衛隊に所属していたやる夫が突如として異世界に召喚される。そこは様々な文明が生き残りをかけてバトルロワイアルをしている世界だった。エター。ヒロインは境ホラの武蔵と鹿角、紅月カレン。機械文明、魔法文明、科学文明、幽鬼文明、蛮族文明の5つに分かれており、やる夫は機械文明に召喚された。この召喚は他の文明でもやっているらしい。機械文明と科学文明はややこしいが機械文明はAIが支配する文明で科学文明はあくま...

続きを読む

アナベル・ガトーが鎮守府に着任しました の感想

ガトーが原作でウオーって言いながら特攻して気付いたら艦これの妖精に囲まれていて不知火に海岸に流れ付いていたと説明を受ける。エター宣言。非常に丁寧に世界観と交流を描いているためスローペース。連載4年40話目にして漸く艦むすとMSの共同戦線が動き始めたという所。最初は戦闘は艦むす任せだが、ガトー以外にもMSや原作で死んだようなキャラが以前から流れ着いており、戦力として使えないか国が動いていたようだ。国の思惑...

続きを読む

【R-18G】白饅頭は人類絶滅の夢を見る の感想

自殺したはずなのにゲーム的な世界にいつの間にかいて姿はモンスターで言葉は通じず殺される所からスタートする。300話を超える長編で完結済み。序盤から中盤くらいは特に物理的なグロさがあるので注意。人間牧場みたいなのが割とガッツリ描かれる。また、間のとり方が特徴的で表情を一レス一レス変えて心情を表したりで合わない人にはとても冗長に見えるだろう。自分が殺されても生き返る不死の存在であり死体から眷属を作り出す...

続きを読む

華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫 の感想

タイトル通り召喚術士であるルイズに元社長のやる夫が召喚されるという話。異世界召喚ではあるが現代と行き来が可能。完結済み。やる夫とルイズの掛け合いを中心とした異世界文化交流でありお金稼ぎであり色々やる話である。全体的に緩いコメディであり楽しく見られる作品。ファンタジーが舞台ではあるのだが直面する問題や解決法がかなり現実に即しており苦労してるのは異世界でも変わらないんだなと親近感を覚える作りになってい...

続きを読む

やるおたちの、異世界・世知辛チート物語 の感想

突如異世界に転移した三人組。何故か姿形はそれぞれやる夫・やらない夫・できる夫になっていた。引き篭もり・ブラック会社の社員・ダブリ大学生で皆心を病んでいる割にペラペラ喋るのもお約束だろうか。ステータスオープンで思わず閉じてしまいそうになったが続きを読んで本当に良かったと思える作品。完結済み。チートは現地人と言葉が通じる能力だけではあるが三人組の知識と発想で生活を便利にしようとする知識チート物。所謂内...

続きを読む

パチンカス勇者と土下座プリンセス の感想

短編異世界召喚物。何故か異世界では超強い勇者が何度も召喚されていい加減にしろよお前と言うお話。基本的にストレスの全く無いギャグ物……と思わせてから急転直下で奈落に叩き落され這い上がってハッピーエンド。最初のやり取りから既に伏線が貼られていて感心する構成。起承転結が綺麗に決まっていた作品でした。まとめへのリンクはこちら。All You Need Is Kill(1) (ヤングジャンプコミックス) [ 小畑健 ]...

続きを読む

旅をするために旅をするひとたち の感想

やらない夫の異世界転移物だがコミュ力に感心させられる。言葉も通じない状態で力仕事をして生きながらなんとか片言でしゃべる状態まで持っていく。そこをこいつは賢いのではとやる夫に見出されてから話が大きく動き出していく。完結済み。タイトル通り旅していくお話。大航海だったり、雪山登山だったり、旅を通じて知り合いが増え、話の核心に迫ってゆく。旅先毎に1ヒロインという感じで数人程ヒロインが出てくる。旅とは言って...

続きを読む

やる夫は流れついたようです の感想

異世界トリップ長編。気がついたら知らない世界に流れ着いてたやる夫の話。完結済み。現代知識を活用したりするのが好きならお薦め。といってもたまにしてやられるから一方的な話でもないのだが。特に序盤は試行錯誤していてその手の話が好きなら気にいると思う。精霊に気に入られほぼ想像通りに魔法が使える強力な加護を持っているため敵はないように見えるが攻撃力は最大でも防御が難しいようでその辺も話に絡んでくる。まあ、俺...

続きを読む

まとめと感想サイトRSS

検索フォーム

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村

アクセスカウンター